デッサンは常に終わりを意識している?:絵をうまく描くコツ/終わりから考える[Kazuki Sugioka]

斜めから人の顔を描く事を題材にして、
デッサンが常に終わりを意識しているものである事
もっと極端に言えば、終わりを出発点にして、考えていく技術である事をお話してみたいと思います。

まず、ざっと人の顔を描いてみます。

まず、ざっと人の顔を描いてみます。

手が左のほうに触れていくと思うんですけども、これが終わりを意識しているという事です。

距離手が左のほうに触れていく

終わりというのは消失点の事です。

例えば人の顔で言うと、眉毛とか目とか口は、正面から見れば平行線なんですけども、
斜めから見た時には、遠くへ行くに従って小さくなっていきます。
最終的に一番遠いところを消失点とするわけです。
そこを出発点に近くなればなるほど大きくなってくる。

そこを逆説的に描いているのがデッサンというわけです。

眉毛とか目とか口は、正面から見れば平行線

実際には点を打ってないですけれども、頭の中でこの辺アタリに点があるなとイメージしています。

頭の中でこの辺アタリに点があるなとイメージしています

そこから三角形を描いているわけですね。近くなればなるほど大きくなる。

そこから三角形を描いているわけですね

三角形に対して、平行に交わる線というのは、それぞれを同じ比率で分割します。

それぞれを同じ比率で分割

消失点、つまり終わりは英語で言うとENDです。
ENDにはもうひとつ「目的」という意味があるのですけれども、
消失点、一番遠い点というのは、つまり目的地という事なんですね。

ENDにはもうひとつ「目的」という意味があるのですけれども

そこに向かって一番近いところから旅をしていく。

出発点からそのまま追っていくのが、クロッキー的な考え方。

クロッキー的な考え方

それに対してデッサンは出発点と目的地をいきなり結びます。
そこから分割して、計画するわけです。

デッサンは出発点と目的地をいきなり結びます

関連商品

「リアルっぽい」らしさ表現と、省略と強調のデフォルメ表現が濃縮されたアートなデッサン、スーパーマンガデッサンを解説。
by amazon
この本では、「クロッキー」という、線のみで形をつかまえていくデッサンを解説しています。クロッキーは、目の前にあるもののかたちを瞬時にとらえられる「眼」と「感覚」をやしなうための練習・作業・訓練です。
by amazon

描くことが苦手の人の多くが勘違い!:絵をうまく描くコツ/クロッキーとデッサンの違い[Kazuki Sugioka]

2015.08.08

動画投稿者様

Kazuki Sugioka

デッサンとデザインは同じ語源(ディゼーニョ)から枝分かれした単語ですが、もともと­の意味は「計画する」ということです。
では、「計画する」とは何か? 完成形から逆算するということです。

人間がものごとに当たる時には、通常部分の情報を積み重ねて全体を把握します。あるい­は、時間の経過にそって少しづつアクションを起こします。001のたとえで言えば、そ­れはクロッキー的です。
それを逆転させることが「計画」です。まずは全体をイメージし、そこから部分を割り出­すこと。いつまでに何をやらなければならないかを決めて、その日にやるべきことを算出­すること。いずれも、割り算的思考です。

デッサンに関して言えば、さらに徹底していて、ものが消えてなくなる終わりの点(=消­失点)を出発点にします。徹頭徹尾、終わりから考えていくわけです。

icon-quote-left 引用元:https://www.youtube.com/watch?v=4dyYCJyOVl8  icon-quote-right

スポンサードリンク

この情報をシェアする!!

作品で繋がるコミュニティサイトCLEN!!

テスト公開しました!!
CLEN(クレン)は様々なクリエイターが作品を通じて交流やアドバイス、コミッションが出来るサービスです !

只今テストユーザー様大募集中!!
皆様のご参加お待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。