読書後爽やかな気分になる!だけどちょっとせつない青春小説3選

誰にでもどんな形であれ経験する、青くて淡い「青春」。
今回は読んだ後にノスタルジックな気分になるような、青春小説を紹介します。

夜は短し歩けよ乙女 森見 登美彦

関西の大学に通う「私」は、後輩の黒髪の乙女に恋をする。
彼は彼女の気を引くために何度も偶然を装ってアプローチをするが、彼女は天然で全く気づかない。

お金持ちの爺さん李白、自らを天狗と名乗る樋口清太郎、多彩な美青年である学園祭の事務局長…
様々な個性的なキャラクターに囲まれて、彼らのロマンスは発展していく。

コメディチックに描かれたこの作品。
ほのぼのと進む展開と綺麗なエンディングに、あなたは読んだ後きっと作者のファンになっているはず。

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは…
by amazon

キャッチャー・イン・ザ・トイレット! 伊瀬 勝良

人との関わりを嫌う黒沢翔には、放課後の第二校舎の女子トイレで自慰をするという歪んだ性癖を持っていた。ある事件をきっかけに、自分と同じ自己主張が苦手ないじめられっ子の少女・北原綾にその秘密を握られ、取引と言う名の脅しを持ちかけられる。

あらすじだけ見るといやらしい話に見えますが、「淡い初恋」「人とのつながり」など青春要素が存分に扱われたこの作品。
「オナニーマスター黒沢」というよりいかがわしいタイトルで、ニコニコ静画に横田卓馬氏による漫画版が掲載されています。

放課後の女子トイレで毎日のように自慰もふける中学生・黒沢。しかし、その「日課」に同級生の女子が気づいてしまう。クラスで悲惨ないじめに遭っている彼女は、復讐のため黒沢に奇妙な「取引」を持ちかけてきたのだが―。
by amazon

夜のピクニック 恩田 陸

北高の伝統の学校行事である「歩行祭」。
生徒全員が高校生活の最後に80km、丸一日を通して歩くという過酷なイベント。
貴子は三年間胸にしまってきた思いを清算するためという気持ちを抱いて歩行祭に挑んでいきます。

2006年には多部未華子を主演に映画化もされたこの小説。
ただ「歩く」ということがこんなにかけがいのないことだったとは、と読書後ふと思い耽けてしまいます。

-あとがき-

いかがでしたでしょうか?
誰もがいろんな思いを抱きながら過ごしている、または既に経験した学生時代。
その青春の美しさ、その大切をこれらの本は思い出させてくれるはずです。

この記事を書いた人

Jun8Peace
1995年1月生まれ。平和学を中心に哲学や政治学、社会学等の社会科学に興味を持つアメリカ・カリフォルニア州の大学に通う学生。東京都江戸川区出身。

スポンサードリンク

この情報をシェアする!!

作品で繋がるコミュニティサイトCLEN!!

テスト公開しました!!
CLEN(クレン)は様々なクリエイターが作品を通じて交流やアドバイス、コミッションが出来るサービスです !

只今テストユーザー様大募集中!!
皆様のご参加お待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。