編集者の方が求める「面白い漫画」とは?

「面白ければなんでもいい」!?

以前、数人の漫画雑誌編集者に質問をしました。
「どういう漫画を求めているんですか?」
そうするとね、ほとんどの人がこう返す。
「面白ければなんでもいい」

デスヨネー!!
面白い漫画のほうが面白くない漫画よりモチロン良いに決まってる!

でもそれじゃあ、面白い漫画って、一体どういうものなんだろう?

『面白い』ってなんだ?

英語にもfunny、interesting、entertainingなどがあるように、面白いと一口にいっても、そこには色々な意味があります。
読み手によってその判断基準も変わってくる。

そもそも漫画にだって、大多数から『面白い』と評されている作品もあれば、大衆受けは悪いけど少数からは熱烈に『面白い』と称賛されている作品もあって、さまざま。
そうなってくるともう、何が面白いやらワケがわからなくなってくる。『面白い』って、なんなんだ???
あっちこっちを見回して探す『面白い』『面白い』『面白い』……『面白い』がゲシュタルト崩壊してしまいそう。

でもそんな時は、外に向けていた目を一度自分の中に戻してみるといいかもしれません。
お気に入りの漫画雑誌や単行本を開いて、どうして自分はそれを『面白い!』って感じたのか、改めて考えてみる。
「展開の熱さに燃える!!」「言葉のセンスが最高!!」「キャラ萌えしちゃう!!」などなど。
面白いと感じる部分って、人それぞれ違っていて、いろいろあるんじゃないかな。

もっと感覚的なことでいうなら、『大声で叫びだしたくなるような面白さ』とか、『ひとりでひっそり楽しみたい、フェチズムを感じる面白み』なんていうのもあるかもしれない。

心を一番に動かす『面白い』は、いったいなんだろう?
どうせ漫画を描くのなら、やっぱり自分が一番『面白い』と思えるものを描いてみたい。そして、描いて欲しい。
だからアナタがどんな漫画を描けばいいのか悩んだその時には、改めて自分の熱源探しをしてみるというのはどうでしょうか?

少年マンガの派手なアクションも、少女マンガの恋愛ストーリーも、琴線に触れるかはネームで決まる。プロはここまで考えてネームを描いている。講師経験も豊かなマンガ家によるネーム作りの実践と、ライトノベルのストーリー創作ノウスウをリアルにミックスした今までにないユニークな本。マンガ学校で教える、プロのネームの描き方の秘密が詰まっている。
by amazon
本書は、筆者のようなマンガを描いたことのない人間が、『コミPo!』を使うことでマンガづくりの楽しさを知るだけでなく、マンガ表現の奥深さを理解し、そのノウハウを自分のものにできることを明らかにした本である。
by amazon

この記事を書いた人

meg
漫画描いたりイラスト描いたり、たまに文字も書いたりして生きています。
趣味は旅行。いつか砂漠に行ってみたい。

スポンサードリンク

この情報をシェアする!!

作品で繋がるコミュニティサイトCLEN!!

テスト公開しました!!
CLEN(クレン)は様々なクリエイターが作品を通じて交流やアドバイス、コミッションが出来るサービスです !

只今テストユーザー様大募集中!!
皆様のご参加お待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。