ドライヤーを使って完全消去!下描きに使えるフリクションボールペン

シャーペンや鉛筆、もしくはカラー芯…下描きの際には、皆様は何を用いていますか?

今回オススメするアイテムは「フリクションボールペン」。

一度は聞いたことはある文房具ではないでしょうか。

01

こすると消えるフリクション

今回はこのフリクションボールペンの、擦って消せる特殊インクでの下書きについて、ご紹介したいと思います♪

フリクションで下書き→ドライヤーで全消し!

まずは紙にフリクションボールペンで下書きをします。個人的にやはりブルーがオススメでしょうか

1

その上から、ペンで清書をします。今回はハイテック0.5を使用しました。

2

最後にドライヤーをかけると、フリクションで描いた線は消え、ハイテックで描いた線だけが残ります。

3

その上に線やベタを足せば、完成です。

4

なぜ、ドライヤーで線が消えるのか

フリクションボールペンのインクは、ペンの後ろについているラバーを擦ることで発生する、摩擦熱で消しています。

このインクは60℃以上の熱で透明になるという特性があり、それ以上の温度になれば消えます。

ドライヤーでなくても、熱を持ったPCや熱い飲み物が入ったマグカップでも消せますが、ドライヤーならば紙全体にまんべんなく熱を当てることや、清書のインクも一緒に乾かせる点でもオススメです。

忘れてはいけない、特性も…

「熱で簡単に線が消えるのは楽チン♪ 今後の下書きはフリクションにしようかな」と、思われた方もいるかもしれませんが、フリクションボールペンにはもう一つ大きな特製があります。

「−10℃以下の環境下では、フリクションボールペンで描いた線が再び現れる」ということ。

−20℃では完璧に線が戻ってしまいます。

試しに先ほど描いた絵を冷凍庫に入れてみましょう。すると…

5

やや薄ぼんやりですが、線が戻っていますね。もっと温度が低くなるとさらに濃く戻ります。

なので、ドライヤーで線を消した後も、その原画は使わないほうがよいでしょう。

完成品として利用する場合は、コピーなどで出力してしまうか、PCへ取り込むのが一番安全です。

どんな時が一番おすすめ?

イベント参加前夜、突然コピー本を作りたい!
でも下描きから清書、消しゴムかけまで時間が無い!といった場合が一番有用ではないでしょうか。

宿泊先のホテルではドライヤーは備え付けか、無ければフロントに問い合わせましょう。

その後、コンビニやキンコーズなどでコピーをしてしまえばコピー本が完成します。

インクの特性で、場合によっては線が戻ってしまう場合がありますが、下描きの線が綺麗に消せるのはとても魅力的ですね!

消しゴムかけに不安のある方に、特にオススメなアイテムです。

「消せるボールペン」フリクションに待望のノック式が登場。付属のゴムでこすると摩擦熱により書いた字を消すことが出来ます。滑らかな書き味も持ち味です。
by amazon
消せるボールペン」フリクションボールノックの10色セットです。付属のラバーでこすることにより、書いた字を摩擦熱で消すことが出来ます。
by amazon

この記事を書いた人

マリモネコ
忍者、同人、声優さん、ゲーム、アメコミが大好物です。文字も書くけど、たまに絵も描くまったりライター。
好みは幅広いですが、特に生真面目優等生なガチムチ系でホイホイ釣れます。初恋は助さん、好みドストライクはブルース・ウェイン。

この情報をシェアする!!

作品で繋がるコミュニティサイトCLEN!!

テスト公開しました!!
CLEN(クレン)は様々なクリエイターが作品を通じて交流やアドバイス、コミッションが出来るサービスです !

只今テストユーザー様大募集中!!
皆様のご参加お待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。