2015年に連載開始された期待の漫画3選

2015年が当たり年となるか?

それが分かるのはこの3作品を読みはじめた方のみ!

そんな期待の作品がそろっている2015年。

私が個人的にピックアップした3作品をご紹介します!

雪花の虎・東村アキコ

戦国の世を、義を貫いて駆け抜けた軍神・上杉謙信。

毘沙門天の化身とされる名将中の名将は、実は、女だった!

2015年9月に1巻発売。

「ママはテンパりスト」「海月姫」「東京タラレバ娘」などの作者 東村アキコの新作「雪花の虎」。

内容はなんと戦国モノ!謙信公=女説は、生涯独身であったことや、死因が女性特有の病気であったこと、残る文献肖像画などにより元々ある説なのだそう。

歴史・戦国時代を題材した作品は、基礎知識がある程度必要なので、漫画でも読み手を選ぶというか、敷居の高さを感じざるを得ない。

しかし、そこは流石東村アキコ!最初から一気に敷居ブチ壊してる(笑)

はたらく細菌・清水茜

肺炎球菌! スギ花粉症! インフルエンザ! すり傷! 次々とこの世界(体)を襲う脅威。

その時、体の中ではどんな攻防が繰り広げられているのか!? 

白血球、赤血球、血小板、B細胞、T細胞…etc. 

彼らは働く、24時間365日休みなく!最強?の「細胞擬人化漫画」。

2015年7月に1巻発売。

なんと、作者 清水茜のデビュー作!

とてもデビュー作とは思えないほど、卓越した表現方法を巧みに扱う作家という印象。

大学の授業の復習してるかんじだった。

これすごい。わかりやすい!

銀河英雄伝説・藤崎竜

言わずと知れた「銀英伝」。

銀河系を舞台に、数多くの英雄たちによる攻防と権謀術数を、ふたりの主人公ラインハルト・フォン・ローエングラムとヤン・ウェンリーを軸に描くスペースオペラ。

SFなんだけど、「後世の歴史家による記述」という体裁を取っている。

「封神演義」で知られる藤崎竜が、田中芳樹のSF小説、「銀河英雄伝説」をコミカライズ。

もはやテッパンとしか言いようがない。。。

ちなみに原作小説は私は中学校時代に原作小説、本編・外伝含め全14巻読破し、最後は涙でページがふやけたほど、この作品にハマっております。

記事まとめ

いかがでしたでしょうか?

大人気作家と期待を込めてデビュー作家を合わせてご紹介してみました。新しい才能を見つけるのも本当に楽しいですよね。

期待しながらこの3作品を読み進めていきたいと思います。

この記事を書いた人

ナオキ
1979年生まれ。スタンド名は「イエロートラッシュオーケストラ(五月蝿い日本人)」。職業:フリーランス 兼 はやく息子の第一のチ◯毛を抜いて神棚に飾りたいと願うやさしい2児のパパ。神奈川県川崎市在住。

スポンサードリンク

この情報をシェアする!!

作品で繋がるコミュニティサイトCLEN!!

テスト公開しました!!
CLEN(クレン)は様々なクリエイターが作品を通じて交流やアドバイス、コミッションが出来るサービスです !

只今テストユーザー様大募集中!!
皆様のご参加お待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。